biographie en japonnais

アイルランド
人の血を引く ギタリスト、歌手、作曲家である Pat O May は、 新
天地として選んだ ブルターニュ で暮らしている。 14歳から地元のさまざまな
バンドで演奏し た後、 ハードロックバンド Marientha l に加入 した 。 このバンド
で プロとして の最初の 経験を し 、世界各地で演奏することになる。数年後、イン
スピレーションを自由に表現 するために ソロ活動 の 開始を決意する。 ロックと
メタルをベースにケルト、アラブ、 中国 の音楽からくみ取った要素を取り入れ、
それらを融合することによ って 独創的で力強い世界を描く。旅へ の 誘い。 これが
彼の 他に 類 を見ない パーソナルブランド で あり続ける だろう 。 すでに10枚以
上のアルバムを発表し、スタジオやコンサート において 充実した すばらし い
数々のコラボ レーションを 行っている。 彼 は アルバムのうちの一枚 を Ron
Bumblefoot ” Thal Guns N Roses と 共に ニューヨークで 録音した。 ソロ とし
て あるいは バンドメンバーと一緒に ステージに数多く出演し 、 Nono(Trust 、
Patrick Rondat (Jean Michel Jarre) など さまざまなアーチストとの共演も多い。
ロックオペラ の 《 Anne de Bretagne 》やドイツ ・ ツアーで観客20万人を動員し
た《 Excalibur, The Celtic Rock Opera 》 に も 出演 している 。 友人 Alain Stival と
は、 Dan Ar Bra z と共にゲスト出演した オ ラ ンピア劇場で の 彼の 記念 コンサート
の 他、 音楽イベント 《 Nuits de la Bretagne à Bercy 》 や その他 多くのステージで
共演し ている 。 映像のための音楽に 関心 が ある Pat O May は、 テレビ番組
Thalass a で 放送された 100 以上の 作品の ために 作曲 した 。 このシリーズ C ô tes
d Europe vues Du Ciel (空から見たヨーロッパの海岸 は50カ国以上に配給さ
れている。 そして 今、 Pat O May は いつものように新たな 領域 の探検を 望 み、
Matrix と The Who s Tommy が交差する 初のコンセプト ・ アルバム《 Welcome
To A New World 》を 作詞、作曲 した 。 かつてないほど意欲的に彼は このアルバ
ムを 彼の ミュージシャンたちと 共に ステージで披露するだ ろう。